目の下のクマ・シワなら再生未来クリニック神戸の肌再生治療で改善できます。

  • がん免疫治療
  • 肌細胞治療
  • がん免疫治療
  • 免疫治療
  • 細胞培養センター

目の下のクマ・シワの原因と改善

こんな症状でお悩みの方へ

気になる症状
  • 目の下のクマが気になりだした。
  • 目の下のクマが化粧で隠しきれなくなった。
  • 目の下のクマを自然に隠したい。
  • 目の下のクマを気にせず、ナチュラルメイクを楽しみたい。
  • 目の下のクマとくすみをどうにかしたい。
  • 今はそんなに気にならないが、目の下のクマ・シワに確実な予防手段を捜し求めている。
  • 目の下のクマ・シワのためだけに、自分を変形させる美容外科はやりたくない。
  • 目の下のクマを隠すためにコンシーラーが手放せない。
  • 朝はまだいいが、夕方になると目の下のクマが目立ってくる。
  • 目の下に数本くっきりとしたシワができた。
  • 皮膚が薄くデリケートな目の下にも安心してできる美容治療を探している。

目の下のクマ・シワの原因

加齢とともに目の下のクマ・シワが現れるのは、目の下の皮膚が薄くなるからです。
クマとシワ、それぞれの原因は以下の通りです。

クマの原因

目の下にクマができる原因のひとつとして、皮膚が薄くなり筋肉の色が透けて見えるという事があります。特に疲れているときなどは、血流が悪くなり筋肉の色も黒っぽい赤色になるため、その色が透けて見え黒っぽいクマが現れます。
皮膚の構造は下の図のようになっております。
皮膚の構造
※上図の厚さは皮膚全体の平均値です。目の下の皮膚は人体で最も薄い部位なので上記より薄くなります。
上図中2の真皮は、加齢とともに薄くなります。
皮膚はもともと光(色)を通しますが、若い時は真皮が厚く筋肉の色はそれほど透けません。しかし、加齢とともに真皮が薄くなると筋肉の色が透けて見えるようになります。
皮膚の透け具合
これが目の下のクマができる原因です。
※目の下のクマの原因は、この他にも色素沈着や、たるみによってできる影の影響である場合もあります。
詳しくはお問い合わせメールや医師とのカウンセリングでご相談ください。


シワの原因

目の下にシワができる原因のひとつとして、真皮が薄くなることがあげられます。なぜならば、老化によって真皮が薄くなるとき、均一に薄くならずにデコボコに薄くなるからです。
真皮の薄化が均一な場合
実際の皮膚の薄化
これが目の下のシワができる原因です。

目の下のクマ・シワの改善策

当院では目の下のクマ・シワに対して、下記の治療を行なっております。
適用治療法 肌細胞注入療法+血小板注入療法 肌細胞注入療法
血小板注入療法 血小板細胞マスク 血小板メソセラピー
※詳しい治療法や費用は各ページをご覧下さい。

肌細胞注入療法で目の下のクマ・シワが改善できる理由

前述の通り、真皮が薄くなることによって、目の下にクマやシワができます。当院の肌再生治療は、あなた自身の真皮の細胞(真皮線維芽細胞)を使って、若い頃の真皮の機能を取り戻す治療です。
真皮線維芽細胞の機能低下により肌を構成するコラーゲン線維などが減少
1.真皮を構成するコラーゲン線維やエラスチン、ヒアルロン酸は老化(真皮線維芽細胞の機能低下)とともに減少します。
培養した真皮線維芽細胞を真皮に戻し機能改善を図る
2.そこで、培養した真皮線維芽細胞を真皮に注入して、真皮の機能改善を図ります。
真皮線維芽細胞によって真皮を構成するコラーゲン線維などを生成。真皮が若い頃の状態に近づく
3.注入した真皮線維芽細胞が、真皮を構成するコラーゲン線維やエラスチン、ヒアルロン酸を作り出します。それにより真皮が若い状態に近づきます。
厚みを取り戻してふっくらした真皮によってシワは目立たなくなり、筋肉の色も透けなくなりクマが改善されます。
メールでのご質問・お問い合わせ 無料カウンセリングのご予約 肌再生治療がわかる無料パンフレット

お問い合わせ・ご予約

治療メニュー

クリニックのご案内

再生未来クリニック神戸
がん治療のお問い合せは総合受付まで
0120-462-130
受付:月〜土 9:00〜17:00
※水曜は13時まで
休診日:日・祝

美容治療のお問い合せ・ご予約
0120-462-100
受付:月〜土 9:00〜17:30
※土曜は17時まで
休診日:日・祝
再生未来クリニック神戸
〒651-0083
神戸市中央区浜辺通5-1-14
神戸商工貿易センタービル23F
TEL:078-862-1001
FAX:078-862-1002

乾がん免疫クリニック
お問い合せは総合受付まで
0120-462-130
受付:月〜土 9:00〜17:00
※水曜は13時まで
休診日:日・祝
乾がん免疫クリニック
〒570-0011
大阪府守口市金田町6-14-17
TEL:06-6902-5251
FAX:06-6902-7133
乾がん免疫クリニック公式サイトへ
乾がん免疫クリニックのホームページへ

京阪クリニック
お問い合せは総合受付まで
0120-462-130
受付:月〜土 9:00〜17:00
※水曜は13時まで
休診日:日・祝
京阪クリニック
〒570-0012
大阪府守口市大久保町3-34-8
ネイチャー21ビル 2F
TEL&FAX : 06-6902-1001

R未来がん国際クリニック
お問い合せ・ご予約
0120-462-105
受付:月〜水・金土 10:00〜18:00休診日:木・日・祝
R未来がん国際クリニック
〒106-0047
東京都港区南麻布5-10-26
ORE広尾ビル 7F

Rサイエンスクリニック広尾
お問い合せ・ご予約
03-5422-8275
火・水・木・土 10:30~17:30
金曜日のみ 12:00~19:00
月曜・祝日は定休 / 日曜は不定休
Rサイエンスクリニック広尾
〒106-0047
東京都港区南麻布5-10-26
ORE広尾ビル 6F

再生未来クリニック大阪(CPC)
細胞培養センター
再生未来クリニック大阪
〒570-0012
大阪府守口市大久保町3-34-8
ネイチャー21ビル 3F
TEL:06-6903-7106
FAX:06-6903-7102