再生未来のドクターのご紹介

  • がん免疫治療
  • 肌細胞治療
  • がん免疫治療
  • 免疫治療
  • 細胞培養センター

ドクター紹介

医療法人再生未来 総院長
R未来がん国際クリニック院長
McGill大学客員教授
秋山 真一郎
Shinichiro Akiyama
がんは免疫の低下による病気であり遺伝子異常の病気でありかつ代謝の病気です。また、最近は「がんの多様性」といって顕微鏡では腺癌とわかっても特定のがんの目印があるがんもあればないがんも混ざっていることがわかってきました。

遺伝子治療はがんの根本原因である遺伝子異常を消去しつつ早期に治癒を目指す単独でも強力な治療です。

遺伝子治療を中心に患者さんごとに免疫療法や電場療法等の治療を組み合わせるオーダーメイドの提案を行います。

所属学会
世界医師会
米国内科学会
米国臨床腫瘍学会
米国癌学会
米国化学会
アメリカ科学振興協会
International Society for Dendritic Cell & Vaccine Science 永久会員
日本内科学会
日本癌治療学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本臨床腫瘍学会
日本血液学会
総合診断医療研究会理事

著書
最新の癌免疫細胞療法―リンパ球療法から樹状細胞癌ワクチンまで(永井書店)
宇宙医学・生理学: 血液免疫(社会保険出版社)
Leading-Edge Messenger RNA Research Communications: Comparative Study of Antioxidative Effect between Oral Vitamin E Supplementation and Vitamin E-Coating Dialyzer in Hemodialysis Patients, NOVA Science Publishers, Inc.
Current Cancer Treatment - Novel Beyond Conventional Approaches “Cancer Vaccine”InTech.
Cancer Treatment - Conventional and Innovative Approaches“Targeted Cancer Therapy by Dendritic Cell Vaccine”InTech.


資格
医学博士
米国内科学会上級会員
日本内科学会認定総合内科専門医
日本がん治療認定医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医


賞与
2006年  Marquis Who's Who in Science and Engineering 9th Edition
2006年  Marquis Who's Who in Asia 1st Edition
2007年  Marquis Who's Who in the World 25th Edition
2007年  Evergreen Award ACP
2008年  Evergreen Award ACP
2010年  Marquis Who's Who in America 64th Edition
2010年  Marquis Who's Who in Medicine and Healthcare 7th Edition
2015年  Marquis Who’s Who in World 32nd Edition
2016年  Marquis WHO’s WHO FEATURED GLOBAL EXPERT OF THE YEAR
                 ONCOLOGY & HEMATOLOGY JAPAN

経歴
平成元年札幌医科大学卒業 卒業
平成元年札幌医科大学内科学第四講座研究生
平成8年宇宙開発事業団宇宙医学研究開発室 医長
平成19年水海道さくら病院 副院長
平成21年九段クリニック 総院長兼免疫細胞療法センター所長
平成24年UDXヒラハタクリニック 院長
平成26年医療法人再生未来 R未来がん国際クリニック 院長
日比野佐和子院長
Rサイエンスクリニック院長
医学博士
日比野 佐和子
Sawako Hibino
大阪大学医学部大学院医学系研究科卒業・博士課程修了。現、大阪大学医学部大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学講座特任准教授。

同志社大学アンチエイジングリサーチセンター講師、森ノ宮医療大学保健医療学部准教授、ルイ・パストゥール医学研究センター基礎研究部アンチエイジング医科学研究室室長を経て、平成25年に当院 院長に就任し現在に至る。

専門分野は欧米のアンチエイジング医学に加え、中医学、ホルモン療法、プラセンタ療法、植物療法(フィトテラピー)、アフェレーシス療法など多岐にわたる。

その真摯なカウンセリングと診療で、多くの患者から信頼されると共に、研究分野においても国際的に活躍している。

所属学会
NPO法人国際医科学研究会 (International Medical Science Society)  副理事長
脳心血管抗加齢研究会 評議員
日本抗加齢医学会 評議員
点滴療法研究会 理事
世界アンチエイジング学会(WOSAAM)Scientific Coordinator日本代表
日本内科学会
日本皮膚科学会
日本眼科学会
日本再生医療学会
米国先端医療学会
国際医科学研究会 副理事長
脳心血管抗加齢研究会 評議員

著書
これだけで若返りは可能です。(東洋経済新報社 )
目が若返る!最新『眼トレ』5つの方法 (主婦と生活社 )
いま食べているものを見直すだけで、「老けないカラダ」が手に入る!(主婦の友社)
醤から手作り!「白金劉安」の美肌料理 (新潮社)

久保 健太郎
細胞培養センター 責任者
久保 健太郎
Kentaro Kubo
平成7年 大阪大学工学研究科醗酵工学専攻修了。企業・大学において皮膚を中心に細胞培養を用いた再生医療の研究に従事する。

平成13年より 北里大学人工皮膚研究開発センターにおいて、全国40以上の大学・病院へ300症例以上の臨床研究用培養皮膚を提供する国家プロジェクトに参加。培養皮膚の製造・基礎研究に携わる。
その成果が認められ、平成16年学位取得(医学博士)。
平成21年には人工臓器学会技術賞を受賞。

平成20年より再生未来クリニックの細胞培養センター責任者に着任。
平成21年には人工臓器学会技術賞を受賞。
現在、新しいがん免疫治療の研究・開発や、皮膚を中心とした再生医療を行っている。
最先端医療を患者様に安全に提供することを目指し、医療現場において研究・開発を続けている。

経歴
平成7年大阪大学工学部醗酵工学専攻 博士前期課程 修了
平成7年テルモ株式会社入社(人工皮膚の研究開発)
平成11年株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング入社
(培養皮膚の研究開発・製造)
平成16年北里大学人工皮膚研究開発センター 医学博士取得(培養皮膚の研究開発・製造・臨床研究)
平成20年医療法人再生未来 細胞培養センター責任者
北里大学 人工皮膚研究開発センター 客員研究員
坂本 憲広
神戸大学大学院医学研究科 教授
研究開発評価アドバイザー
坂本 憲広
Norihiro Sakamoto
昭和62年 九州大学医学部卒業。九州大学医学部第3内科入局。血液疾患の臨床および遺伝子解析に従事。その後、東京大学榊佳之教授の指導の下、国際ヒトゲノムプロジェクトに参加し、ゲノムワイドの疾患関連遺伝子探索の研究を行う。九州大学助手、九州大学講師を経て、2002年より神戸大学大学院教授。
 現在は、個人のゲノム情報(SNP)と薬剤、健康食品の効果・副作用との関連を科学的に分析する評価科学の確立を目指している。神戸大学大学院医学研究科医学情報解析学/医薬食品評価科学分野教授。神戸大学国際健康学総合研究センター、神戸大学医学部附属病院健康科学評価センター副センター長を兼務。博士(医学)、博士(情報科学)。
 先端未来クリニックにおける新しい治療法の開発・改良を支援し、その科学的根拠の確立を行なっている。

経歴
昭和62年九州大学 医学部 卒業
平成5年九州大学 医学部 医療情報部 一般内科 講師
平成14年神戸大学 大学院 医学系研究科 医学情報解析学 教授
市橋 正光
再生未来クリニック神戸 院長
神戸大学医学部皮膚科 名誉教授
市橋 正光
Masamitsu Ichihashi
昭和45年神戸大学大学院博士課程修了。専門は皮膚科学、特に太陽紫外線が人の皮膚に与える影響について長年にわたり研究している。この間、1980年代から90年代にかけ長年にわたり、タイ国バンコクにある皮膚病研究所で、JICAの支援のもと、アジアの皮膚科医師を対象に皮膚科学の講義を行った。バンコクのいくつもの病院で、多くのエイズ患者さんの皮膚病を診てきた。
 また、太陽紫外線が皮膚の免疫能を抑制すること、さらに皮膚の持つ自然免疫が皮膚疾患と深い関係にあることから皮膚免疫に強い興味を持って日常の診療に取り組んでいる。
 「私は常に“不可能と思えば何事も其処で止まる”と考え、物事に挑戦しています。常に可能性を信じ努力することが明るい明日に繋がると信じています。感染症で悩んでおられる患者さんに、是非私どもの再生未来クリニックを受診いただき、感染症に対する免疫療法の素晴らしさを知っていただきたい。」

経歴
昭和45年神戸大学大学院医学研究科 修了
昭和56年第33回日本皮膚科学会西部支部総会 金賞
平成4年神戸大学医学部 教授
平成9年第14回清寺眞記念賞
平成15年神戸大学名誉教授
インドネシア大学医学部名誉賞
サンクリニック・サンケア研究所開設
平成22年再生未来クリニック 院長就任
山本 智寿子
乳癌専門
山本 智寿子
Chizuko Yamamoto
所属学会等
日本内科学会 認定医
日本乳癌学会 認定医
マンモグラフィー 読影認定医
介護支援専門員
日本消化器内視鏡学会
日本乳腺甲状腺超音波診断会議

経歴
平成2年順天堂大学 医学部 卒業
平成2年順天堂大学 付属病院 内科 勤務
平成7年関西医科大学 付属病院 第3内科 勤務
平成13年関西医科大学 大学院 医学研究科 博士号修得 (肝臓癌、抗癌物質研究)
乾 利夫
医療法人再生未来 理事長
乾 利夫
Toshio Inui
昭和53年 京都府立医科大学卒業。総合病院で内科勤務の後、33歳で「乾クリニック(内科)」を開業。

親切な診察が評判を呼び、1日400人もの患者さんを診察し、その診察は深夜にまで及んだ。

父親を癌で失ったのをきっかけに、癌の標準治療である「手術・抗がん剤・放射線治療」に限界を感じ、がん免疫の専門として診察を開始。「乾がん免疫クリニック」と改名する。

2010年に、神戸に再生未来クリニックを開業。
現在も、海外の医療機関とも提携し、新たな免疫治療の研究・開発を行っている。

経歴
昭和53年京都府立医科大学 卒業
昭和53年京都府立医科大学附属病院 第一内科勤務
昭和55年京都第二赤十字病院 救命センター勤務
昭和55年京都第二赤十字病院 内科勤務
昭和62年乾がん免疫クリニック 開業
平成21年医療法人再生未来 理事長就任
京阪再生医療センター開業
平成22年再生未来クリニック 開業
平成25年京都府立医科大学 客員講師 就任
桧田 仁
医療法人再生未来 顧問
桧田 仁
Jin Hinokida
国際先進医療がんセンター機構 総長
ノーベル平和賞共同受賞
元衆議院議員
国連の友Asia-Pacific 東日本震災医療団 団長
国連の友JAPAN 理事
前日本医師連盟 参与
日本先進美容研究機構 会長
マザーズハート財団 理事長
日本医療紹介機構 会長
桧田病院 理事長及び名誉院長
日本家庭基板充実機構 会長
医事評論家


著書
はなまどろみ
平成紙しばい永田町政治村
医療があぶない
水素と医療

経歴
昭和42年京都府立医科大学 卒業
昭和45年〜広島大学医学助手、国立大竹病院・医長を経て
昭和55年医療法人社団初仁会 桧田病院開院 院長に就任
昭和60年核戦争防止国際医師会議の一員としてノーベル平和賞を共同受賞
平成3年広島県議会議員当選
平成8年衆議院議員当選