R未来がん国際クリニック 秋山 真一郎院長のドクターズコラム

  • がん免疫治療
  • 肌細胞治療
  • がん免疫治療
  • 免疫治療
  • 細胞培養センター

ドクターのコラム
私が考える
がんの先進医療について
R未来がん国際クリニック院長
秋山 真一郎

【第1回】見えてきたがん治療の将来像

今まで化学療法を行う医師としてがん治療に携わってきましたが誰もが望むがんの完治まではほど遠く悔しい思いをしてきました。その後、樹状細胞がんワクチンと遺伝子治療にたずさわりそれぞれのメリットとデメリットを経験し、がん治療の将来像が見えてきたように思います。がんは免疫の低下による病気であり遺伝子異常の病気でありかつ代謝の病気です。免疫の低下に対しては免疫力を引き上げる細胞療法や温熱療法の他に免疫逃避の対策が必要でGcMAFが有用です。遺伝子異常には遺伝子治療によるがん遺伝子の消失、がん抑制遺伝子の修復が有効な対策となります。代謝に対しては血糖の調節や抗酸化剤が重要です。

慢性骨髄性白血病のようにドライバー遺伝子といってがんの元になる遺伝子がわかりそこに対し薬物を作り画期的に治療成績が改善したものは5%もありません。つまり95%以上のがんは根本的な原因がわからずの状態です。それでも大腸癌のように過去10年で治療効果が進歩したがんもあれば肺癌や軟部組織腫瘍のようになかなか進歩していないがんもあります。分子標的薬は今後数年で多数日本でも承認されるでしょうが報告をみるとなかなか完治までは遠いようです。

また、がんの治療を難しくするのは薬剤耐性という問題があります。つまり抗がん剤や免疫細胞からいずれがんは逃げる力を獲得することができるのです。幸いにGcMAFと遺伝子治療は従来の治療に比べると格段に耐性の問題が少ないようです。私にとって再生未来で扱うがん治療は理想の具現化です。継続すれば完治に至る治療を目指し、患者さんに提案していきたいと考えています。

コラム一覧に戻る≫

秋山院長 経歴詳細≫