HIFU(ハイフ)| 超音波を集束させて、熱エネルギー等で癌組織を壊死させる最先端の治療

  • がん免疫治療
  • 肌細胞治療
  • がん免疫治療
  • 免疫治療
  • 細胞培養センター

診療のご案内

集束超音波治療法 HIFU(ハイフ)

超音波を焦点領域に集束させて、熱エネルギーおよびキャビテーションの作用により組織を壊死させる最先端の治療

集束超音波治療法HIFU(ハイフ)とは

超音波の役割は近年、診断はもとより治療においても重要性がますます高まっております。また、画像技術の進歩とともに、集束超音波治療法(HIFU:High Intensity Focused Ultrasound)は、体にメスを入れること無くガン細胞を破壊する高い治療効果を得ることができます。HIFUは三次元放射線(サイバーナイフ、ガンマーナイフなど)の超音波版と考えることができます。

第三世代FEP-BY02 HIFU Tumor Therapy System

HIFU治療装置は、最初に経直腸による前立腺治療目的に開発され、その後集束超音波による体外からの治療が試みられるようになってきました。当院では超音波ガイド下に治療を行う「第三世代FEP-BY02 HIFU Tumor Therapy System」を使用しております。


超音波はリアルタイムに病変部を観察でき、超音波による治療後の経過観察が可能なことも大きなメリットとなっております。また、動きのある腹部臓器においては、リアルタイムに治療部位を観察できるというのも大きなメリットです。

当院のFEP‐BY02 HIFUは、37cmの球面体に1.1MHzの251個の超音波発信素子が並び、それらが1点に集束した固定焦点となっています。

多くのHIFUは超音波を下からのみ照射しますが、当院で使用しているHIFUでは、2つの装置によって上下どちらからの照射も可能です。

肝がんや膵がんの場合は、下からのみの照射では位置決めが難しく正確な治療が行えず、治療に時間がかかるため、約99%は上から照射が行われております。

治療のメカニズム

HIFUは超音波を体の内部に集めて、熱エネルギー(熱的作用)およびキャビテーション(非熱的作用)を起こして癌組織を壊死させるというものです。

超音波の焦点のみ熱エネルギーが発生する1回数秒間の照射で3ミリ x 3ミリ x 10ミリの範囲のがん細胞を破壊します。超音波の入射角を80°と広くして安全性を高めて、皮膚表面の火傷や他の臓器への影響は最小限に抑えます。

1回で照射できる範囲は3ミリ x 3ミリ x 10ミリ。照射を繰り返します。

照射を繰り返して、癌全体を破壊します。

生体作用

超音波が患者さまの体に与える作用は、熱的作用と非熱的作用の2つがあります。

熱的作用

ガン細胞に焦点温度60°C以上の超音波を数秒間照射すると、癌組織は凝固・壊死します。

非熱的作用

超音波はキャビテーションと呼ばれる非熱的作用も引き起こします。キャビテーションとは、液体に超音波が当たると気泡が生じる現象であり、気泡が弾けて起こる衝撃波、あるいは微小ジェット流もガン細胞を破壊すると考えられています。

安全性

放射線被曝

HIFUのエネルギーレベルはイメージング用超音波装置の1000倍程度であるが、陽子線やX線CTなどと比べるときわめて低く、比較的安全性が高いと言われています。また、放射線と違い被ばくの心配は全くありません。

皮膚の火傷

1回の照射で焼灼される範囲は、3ミリ x 3ミリ x 10ミリときわめて小さい範囲です。そのため、皮膚から近い臓器にガン細胞がある場合、皮膚温が上昇して火傷につながることから、FEP‐BY02 HIFUでは大口径のトランスデューサーを採用、入射角を80°と広くして安全性を高めております。

治療方法

一般的に1回の治療時間は1時間30分ほどで、これを1〜2回行ないます。

通常、麻酔は使用しません。超音波による治療なので放射線療法のように積算の照射量に制限がなく、レントゲンの被ばくもなく、何度でもくり返し治療することができます。

癌の大きさや場所により、治療内容は変わってきますが、原則入院は必要ありません。ただ、あくまでも患者さまの医学的状況により、治療内容、回数、入院の有無は変わります。

HIFU治療の適応

良性腫瘍

子宮筋腫

悪性腫瘍

肝がん、転移性肝がん、乳がん、腎がん、膵がん、軟部組織の肉腫、骨腫瘍など
その他につきましてはご相談ください。

肝がんに対するHIFU治療の意義

近年、Gd‐EOB‐DTPA造影MRIの登場により、ダイナミックCTで血流の変化がほとんどわからないごく早期の高分化型肝細胞癌(HCC)が多く見つかるようになり、その対応が模索されています。そのような状況の中、HIFUでは1〜2cmの肝細胞癌であれば、入院の必要はなく、1時間ほどの照射で治療できることから、日本においては今後、早期肝細胞癌治療のひとつの重要な手段になると考えられております。

治療費