ハイパーT/NK細胞療法について掲載しています。

  • がん免疫治療
  • 肌細胞治療
  • がん免疫治療
  • 免疫治療
  • 細胞培養センター

診療のご案内

ハイパーT/NK細胞療法

ハイパーT細胞+NK細胞+成熟Tリンパ球を併用投与する最新の治療法です。

ハイパーT/NK細胞療法とは、大量かつ高純度に培養されたハイパーT細胞NK細胞成熟Tリンパ球を併用投与する最新の治療法です。

治療法治療の流れ副作用について治療費

治療法

ハイパーT/NK細胞療法とは

免疫細胞療法の中で、最近2つの細胞グループが注目を集めまたがん治療に効果的と考えられています。1つはナチュラルキラー細胞(NK細胞)で抗原の感作なしに直接腫瘍細胞、ウイルス感染細胞を攻撃する能力を有しています。年齢と共にこのNK細胞の数は減少し、またがん患者さんでは、そのNK活性も健康な人と比べて低下していることが明らかになっています。

もう1つのグループは幼若なTリンパ球の集団です。アクティブでポテンシャルの高い幼若なTリンパ球は、多機能、万能性を保持する細胞(以下ハイパーT細胞)と考えられ、生体内注入後の寿命が長く、増殖機能が高く、またリンパ組織で樹状細胞(DC)による抗原提示を受けると、細胞障害性T細胞(CTL)やヘルパーT細胞などに分化する能力を有しています。

免疫細胞療法とは、事実上免疫細胞対がん細胞の戦いなのです。1cmのがんは5億個のがん細胞を持っており、10cmのがんは実に5000億個のがん細胞を持っています。 したがってこの無数のがん細胞に対抗する為には、NK細胞のキラー(殺傷)能力、成熟Tリンパ球の免疫強化能力、プラス多機能・万能性を秘めたハイパーT細胞を併用することが非常に有望な免疫細胞複合療法なのです。 もちろん患者様ご自身の血液を培養して使用しますので、副作用のほとんどない体に優しい治療法です。

治療の流れ

※患者様ご自身の血漿を用いて培養します。
ヒト血清アルブミン(HSA)は使用しません。

※レトロネクチンは使用しておりません。

1回の採血で3回分の投与が可能です。
したがって、リンパ球の投与のたびに採血をする必要はありません。
まず、採血したリンパ球を分離します。そして最新の培養技術を用いて約2週間から4週間培養します。培養した結果、リンパ球数は採血時の約1000倍以上になります。

またリンパ球液の入った点滴による投与は約1時間ですので、治療スケジュールに合わせての通院となります。患者様の症状や希望に合わせ、担当看護師と最初の説明から1クール終了までのスケジュールを念入りに調整をしていきます。

副作用について

一部の患者様で軽度の発熱(38度以下)が認められる場合がまれにあります。

治療費