天然抗ガン剤であるアミグダリンを点滴し、効果的にがん細胞に投与するIPT療法について

  • がん免疫治療
  • 肌細胞治療
  • がん免疫治療
  • 免疫治療
  • 細胞培養センター

診療のご案内

アミグダリン(ビタミンB17)

ガン細胞が正常細胞よりも、約16倍も糖を取り込む特性を利用して、糖とともにアミグダリン(ビタミンB17)をガン細胞により多く取り込ませる治療法です。

治療法

IPT療法とは

ガンの栄養療法として世界的に有名なメキシコのサンタモニカ病院、ゲルソン病院、オアシス病院の中で、サンタモニカ病院元院長のカート・ドンスパック先生が推進するガンのIPT療法をそのまま当院で実施しています。

この治療法は、ガン細胞が正常細胞よりも、約16倍も糖を取り込む特性を利用して、糖とともにアミグダリン(ビタミンB17)をガン細胞により多く取り込ませる治療法です。
効果的に取り込ませるためにインシュリン投与で一時的に低血糖状態にしてガン細胞を飢餓状態にします。そこに天然抗ガン剤であるアミグダリンを点滴します。アミグダリンは糖と一緒に選択的にガン細胞に取りこまれることになります。しかもアミグダリンは正常細胞には無害で、副作用はありません。アミグダリンの代わりに1/10量の抗ガン剤を使うこともあります。

当院では非常に空腹な状態(低血糖状態)で安全に点滴をする事により、インシュリンを投与しない治療法も施行しております。

アミグダリンとは

アミグダリン(ビタミンB17)は、米国シカゴ大学教授ハロルドマンナ博士らのガンに対する多くの研究があり、日本でも、片瀬教授により、実験的にガンがほとんど死滅する事が立証されています。正常細胞に対する有害作用は何ら認められていません。

また、アミグダリンは、血液をアルカリ化し、正常細胞の活性作用があり、その他に鎮痛作用もあるなど、抗ガン治療に極めて優れた天然物質です。

特長
  1. ガン細胞に対する抗ガン作用
    β-グルコシダーゼという分解酵素が、アミグダリンを分解させることで、毒性となりガン細胞が死滅させます。その様子は大阪大学片瀬教授が発表されています。
  2. ガン以外の正常細胞に対する活性作用
    正常細胞はロ一ダネーゼと言う大量の酵素により保護され、何ら影響を受けません。むしろ抵抗力や活性度は上がります。
  3. アミグダリンの鎮痛作用
    アミグダリンにはベンツアルデヒドがあり酸化されて無害な安息香酸に変わります。これはアスピリンと同様の働きがありガンに伴う痛みを沈静化します。

治療の流れ

月に5日の治療を基本とします。
連日5日の治療でも、週2日のペースでも結構です。ライフスタイルに合わせて行います。腫瘍の治療効果を見ながら数回繰り返します。
IPT療法に連続して、ウクライン、高濃度ビタミンC点滴療法を組み合わせるとより効果的です。


副作用について

現在、クリニックで点滴で使用する場合は、ほとんど副作用は報告されていません。
しかし、サプリメントとして使用する場合は、量、吸収の問題があり、副作用を起こす可能性があります。


治療費