R未来がん国際クリニック

関東圏からの治療希望の声に応えるため、2014年に東京都港区に開院。
より多くの患者様にがん免疫治療を提供いたします。

RM_syochi_8x5

医療法人再生未来 R未来がん国際クリニック

お電話でのお問い合わせTEL0120-462-130
〒106-0047 東京都港区南麻布5-10-26 ORE広尾ビル 7F
TEL:03-6277-1805 FAX:03-6277-1806

年末年始休診日のご案内
2018年12月30日(日)から2019年1月6日(日)までを休診とさせていただきます。
2019年1月7日(月)より診療を開始いたします。何卒ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

R未来がん国際クリニックの診療時間

10:00 – 18:0010:00 – 18:0010:00 – 18:00休診日10:00 – 18:0010:00 – 18:00休診日
※日・祝の他、夏期休診 年末年始休診 その他臨時休診があります。

院長のご紹介

医療法人再生未来 総院長
R未来がん国際クリニック院長
McGill大学客員教授

秋山 真一郎
Shinichiro Akiyama

がんは免疫の低下による病気であり遺伝子異常の病気でありかつ代謝の病気です。また、最近は「がんの多様性」といって顕微鏡では腺癌とわかっても特定のがんの目印があるがんもあればないがんも混ざっていることがわかってきました。

遺伝子治療はがんの根本原因である遺伝子異常を消去しつつ早期に治癒を目指す単独でも強力な治療です。

遺伝子治療を中心に患者さんごとに免疫療法や電場療法等の治療を組み合わせるオーダーメイドの提案を行います。

全診療内容

がん免疫治療の診療内容

マクロファージ活性化療法

眠っている免疫細胞(マクロファージ)を活性化する治療法・2nd Generation GcMAFについてご紹介します。 ...
続きを読む

初乳MAF

免疫物質・成分を豊富に含んだ初乳。その初乳から製造した食品で免疫細胞を活性化し免疫力を高めます。 ...
続きを読む

ハイパーT/NK細胞療法

ハイパーT/NK細胞療法とは、大量かつ高純度に培養されたハイパーT細胞+NK細胞+成熟Tリンパ球を併用投与する先進の治療法。 ...
続きを読む

Coley(コーリー)ワクチン

コーリーワクチンの主な目的は高熱を引き金に免疫増強を起こし、同時に腫瘍に炎症を起こすことで免疫細胞に腫瘍を攻撃させます。 ...
続きを読む

樹状細胞治療

樹状細胞からがん細胞など異物の特徴を認識し得た情報でTリンパ球が細胞障害性T細胞となり、がん細胞を認識し攻撃する治療です。 ...
続きを読む

がんワクチン

患者様自身のがん組織からワクチンを作り、がんの再発防止・転移予防・微小がん治療を目的にしています。 外来通院可能な療法です。 ...
続きを読む

血液がんワクチン

患者様自身の血液を用いて、ワクチンを作ります。標準治療にプラスすることができる魅力的な補助治療です。 ...
続きを読む

NK細胞療法

患者様自身の血液から培養技術で刺激、活性化し、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)を増殖させ、再び体内に戻すという免疫治療です。 ...
続きを読む

活性化リンパ球療法

患者様自身の少量の血液から短期間で活性化増幅させたリンパ球を用いて免疫力を高め、体力回復、がんに対する免疫力を高めます。 ...
続きを読む

光+超音波ダイナミック療法

赤色発光ダイオードによる光エネルギー、超音波ビーム、感作剤を用いて選択的にがん細胞のみを破壊する治療法です。 ...
続きを読む

遺伝子治療

がんの元になる遺伝子異常を消滅させることを目指した先進治療です。抗がん剤や放射線療法で免疫力が低下していても治療が可能です。 ...
続きを読む

集束超音波治療法HIFU

超音波を焦点領域に集束させて、熱エネルギーおよびキャビテーションの作用により組織を壊死させる先進の治療法。 ...
続きを読む

電場療法(TTF, ECCT)

電場療法は人体内に電場を発生させて、局所的、または部分領域におけるがん細胞の急速な細胞分裂を抑制する治療です。 ...
続きを読む

高濃度ビタミンC療法

免疫力を高め、身体にもっとも優しい抗がん剤の1種高濃度のビタミンCを点滴注入します。強力な抗酸化作用を発揮します。 ...
続きを読む

超濃厚まいたけエキス

まいたけから抽出したエキスで、免疫を活性化させる作用があります。がん治療と併用したいサプリメント。 ...
続きを読む

低容量ナルトレキソン療法

低用量ナルトレキソン(LDN)療法による癌治療は、ガン細胞の成長・分裂・アポトーシスをコントロールする治療法です。 ...
続きを読む

アミグダリン(ビタミンB17)

ガン細胞が正常細胞よりも約16倍も糖を取り込む特性を利用して糖と共にアミグダリンをガン細胞により多く取り込ませる治療法です。 ...
続きを読む

CTC検査(循環がん細胞検査)

血液中のCTC(循環がん細胞)の数を測定し検査を行うことにより早期に一人ひとりにあった治療を行うことができます。 ...
続きを読む

αリポ酸(アルファリポ酸)

細胞を傷害し老化を促進するフリーラジカルと戦うアルファリポ酸によるエイジングケア治療法。抗ガン剤治療の有害な副作用の軽減。 ...
続きを読む

※治療内容によっては、当院の他のクリニックへ移動していただきます。詳しくはメールもしくはお電話でお問い合わせください。

アクセス(交通のご案内)

所在地(住所)

〒106-0047
東京都港区南麻布5-10-26
ORE広尾ビル 7F

鉄道をご利用の場合

東京メトロ日比谷線 広尾駅3番出口 徒歩約1分

R未来がん国際クリニックは、3番出口を出て左手、1階がファミリーマートのビルの7階です。(サイエンスクリニックと同じビルです。)

お車でお越しの方

首都高速3号渋谷線 高樹町IC出口から約1km 約3分