医師紹介

乾 利夫

Toshio Inui

医療法人 再生未来 理事長
立命館大学 薬学部 客員教授

昭和53年 京都府立医科大学卒業。総合病院で内科勤務の後、33歳で「乾クリニック(内科)」を開業。
親切な診察が評判を呼び、1日400人もの患者さんを診察し、その診察は深夜にまで及んだ。

父親を癌で失ったのをきっかけに、癌の標準治療である「手術・抗がん剤・放射線治療」に限界を感じ、がん免疫の専門として診察を開始。「乾がん免疫クリニック」と改名する。

2010年に、神戸に再生未来クリニックを開業。
現在も、海外の医療機関とも提携し、新たな免疫治療の研究・開発を行っている。

経歴
昭和53年京都府立医科大学 卒業
昭和53年京都府立医科大学附属病院 第一内科勤務
昭和55年京都第二赤十字病院 救命センター勤務
昭和55年京都第二赤十字病院 内科勤務
昭和62年乾がん免疫クリニック 開業
平成21年医療法人再生未来 理事長就任
京阪再生医療センター開業
平成22年再生未来クリニック 開業
平成25年京都府立医科大学 客員講師 就任
平成25年徳島大学 工学部 大学院 入学
平成28年徳島大学 工学部 大学院 卒業
平成30年立命館大学 薬学部 客員教授 就任

久保 健太郎

Kentaro Kubo

細胞培養センター 責任者
立命館大学 客員准教授

平成7年 大阪大学工学研究科醗酵工学専攻修了。企業・大学において皮膚を中心に細胞培養を用いた再生医療の研究に従事する。

平成13年より 北里大学人工皮膚研究開発センターにおいて、全国40以上の大学・病院へ300症例以上の臨床研究用培養皮膚を提供する国家プロジェクトに参加。培養皮膚の製造・基礎研究に携わる。
その成果が認められ、平成16年学位取得(医学博士)。
平成21年には人工臓器学会技術賞を受賞。

平成20年より再生未来クリニックの細胞培養センター責任者に着任。
平成21年には人工臓器学会技術賞を受賞。
現在、新しいがん免疫治療の研究・開発や、皮膚を中心とした再生医療を行っている。
先進医療を患者様に安全に提供することを目指し、医療現場において研究・開発を続けている。

経歴
平成7年大阪大学工学部醗酵工学専攻 博士前期課程 修了
平成7年テルモ株式会社入社(人工皮膚の研究開発)
平成11年株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング入社
(培養皮膚の研究開発・製造)
平成16年北里大学人工皮膚研究開発センター 医学博士取得(培養皮膚の研究開発・製造・臨床研究)
平成20年医療法人再生未来 細胞培養センター責任者
北里大学 人工皮膚研究開発センター 客員研究員
平成30年立命館大学 客員准教授 就任

坂本 憲広

Norihiro Sakamoto

神戸大学大学院医学研究科 教授
研究開発評価アドバイザー

昭和62年 九州大学医学部卒業。九州大学医学部第3内科入局。血液疾患の臨床および遺伝子解析に従事。その後、東京大学榊佳之教授の指導の下、国際ヒトゲノムプロジェクトに参加し、ゲノムワイドの疾患関連遺伝子探索の研究を行う。九州大学助手、九州大学講師を経て、2002年より神戸大学大学院教授。

現在は、個人のゲノム情報(SNP)と薬剤、健康食品の効果・副作用との関連を科学的に分析する評価科学の確立を目指している。神戸大学大学院医学研究科医学情報解析学/医薬食品評価科学分野教授。神戸大学国際健康学総合研究センター、神戸大学医学部附属病院健康科学評価センター副センター長を兼務。博士(医学)、博士(情報科学)。

再生未来クリニックにおける新しい治療法の開発・改良を支援し、その科学的根拠の確立を行なっている。

経歴
昭和62年九州大学 医学部 卒業
平成5年九州大学 医学部 医療情報部 一般内科 講師
平成14年神戸大学 大学院 医学系研究科 医学情報解析学 教授

松田 明子

Akiko Matsuda

サイエンスクリニック院長
内科、美容皮膚科、腎臓内科、泌尿器科医

所属学会等
日本内科学会 認定医
日本腎臓学会 専門医
日本透析医学会 専門医
日本臨床腎移植学会 認定医
経歴
平成15年東京女子医科大学医学部卒業
平成15年東京女子医大病院 内科勤務
平成18年東京女子医科大学 博士号取得
平成21年戸田中央綜合病院 内科勤務
平成23年東京女子医大病院 泌尿器科所属
平成26年医療法人再生未来 勤務
平成29年医療法人再生未来 サイエンスクリニック 院長就任

Galyna Kutsyna

Galyna Kutsyna

Medical Doctor
Ukraine

Dr. Galyna Kutsyna is originally from the eastern Ukraine. She obtained medical degree and completed Internship on neurology in 1995 at Luhansk’s Medical University, Ukraine. For the next eight years she was working as neurologist in small Ukrainian hospital. This was a time to realize that used in neurology therapeutic approaches are mostly symptomatic. Later on she shifted her specialization in to immunology and infectious diseases. She passed postgraduate training on Infectious Diseases and obtained PhD degree for study immunopathogenesis of Chronic Fatigue Syndrome. In 2004 at University of Montpellier, France, she passed Advanced Course for Physicians in HIV infections. On 2006-2007 there was another postgraduate training in HIV and TB at North Manchester General Hospital, Manchester, UK. Her later scientific interests predominantly devoted the study of interaction human immune system with viral pathogens. From 2008 to 2010 she was invited as a visiting fellow at the Retroviral Vaccines Section of Basic Research Laboratory, National Cancer Institute, NIH, Bethesda, USA, where she studied mucosal immune response to HIV antigens and worked on HIV vaccine development on animal model. This work highlighted the future searching the ways of down regulation the non-specific and/or self destroying inflammatory immune response. Now the variety of therapeutic approaches on this direction are successfully used in her clinical practice for treatment chronic infection and autoimmune conditions. She has fifty three listed on PubMed articles. She received twelve research grants including two from Bill & Melinda Gates Foundation. Since 2018 she was approved by CDC/ US as a panel physician. Her current specialization included reproductive immunology, chronic autoimmune diseases, chronic inflammation problems; immune oncology.

Anisimova Ekaterina

Anisimova Ekaterina

Medical Doctor
Russia