真皮線維芽細胞の働き

当院の肌細胞注入療法は、あなた自身の真皮線維芽細胞を増殖培養して戻すことにより、肌の機能そのものを改善し、目の下のクマや、ほうれい線、顔のシワなどの老化現象を治療します。
このページでは、当治療で培養して増やす「真皮線維芽細胞」の働きについて説明いたします。

真皮線維芽細胞の働き

真皮線維芽細胞は皮膚の真皮にある細胞で、肌を構成する3大要素である、コラーゲン線維、エラスチン、ヒアルロン酸を生成します。

コラーゲン線維

コラーゲン線維は皮膚の強度を保つ為に必要な要素です。「ハリのある肌」を手に入れるためには欠かせません。また、ハリを作るためのコラーゲン線維を作り出せるのは、真皮線維芽細胞だけです。口からの摂取や皮膚に塗ってもこの細胞が作り出すコラーゲン線維にはなりません。

エラスチン

エラスチンは皮膚の弾力性を保つ為に必要な要素です。「ぷるぷるの肌」を手に入れるためには欠かせません。弾力のある肌に必要なエラスチンを作り出せるのは、コラーゲンと同様に、この細胞だけです。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は皮膚の水分を保つ為に必要な要素です。「瑞々しい潤いのある肌」を手に入れるためには欠かせません。これについても上記と同様に作り出せるのはこの細胞だけです。

3大要素を失う原因

紫外線

UVAは皮膚の奥深く(真皮)まで入り込み、コラーゲン線維やエラスチンを破壊します。肌のハリや弾力が失われる為、シワやたるみの原因になります。

乾燥

皮膚内部の水分不足も、コラーゲン線維やエラスチンを破壊する原因になります。皮膚の表面(=角質層)が潤っていても、内部が乾燥(=インナードライ)の場合があります。

加齢

紫外線や乾燥を予防しても、加齢によりコラーゲン線維やエラスチンは破壊(減少)します。また、これらを作る細胞の機能も低下します。

若い部位、老化した部位

こんなご質問をよくいただきます。

A.結論として「若い細胞」を戻します。

同じ人でも細胞の歳のとり方は変わってきます。顔を細胞は、常に紫外線や乾燥に晒されてダメージを受けています。
それとは逆に、例えば、二の腕などは比較的、それらのダメージを受けにくい場所です。その証拠に二の腕の皮膚は顔に比べてとてもキレイな状態を保っているかと思います。
当治療で皮膚を採取する部位についてもダメージを受けにくい箇所である耳の裏の細胞を使います。
言いかえれば、「比較的ダメージを受けていない元気な細胞を増やして、ダメージを受けて疲れた細胞しかいなかった部位に移植する」といったイメージです。