先進医療国際カンファレンス大阪2017のご案内

  • がん免疫治療
  • 肌細胞治療
  • がん免疫治療
  • 免疫治療
  • 細胞培養センター

先進医療国際カンファレンス大阪2017

2017年9月3日に大阪府立国際会議場(グランキュ-ブ大阪)で開催の先進医療国際カンファレンス大阪2017にご参加いただき誠にありがとうございました。

(※本カンファレンスは2017年9月3日に開催されたものであり、現在はご参加の募集はおこなっておりません。ご来場いただいた皆様ありがとうございました。)


先進医療国際カンファレンス大阪2017 会場の様子



カンファレンス内容

先進医療国際カンファレンスは、国内外のがん治療の専門家が集うカンファレンスです。

当院の乾理事長や秋山総院長をはじめ国内外の専門医が、各治療の仕組みや症例について講演いたします。

外国語の講演内容は同時通訳されますので、当院の治療や症例についてお知りになりたい医師・医療機関スタッフの方は、ぜひご参加ください。
一般の方(患者様やご家族様)のご参加もお待ちしております。


******************************
カンファレンスは終了いたしました。
******************************




開催概要

日時 9月3日(日)10:30~18:30(開場10:00)
参加費 5,000円(お弁当付)
お支払い 当日 現金払い
場所

大阪府立国際会議場(グランキュ-ブ大阪)
12階 特別会議室

〒530-0005
大阪府大阪市北区中之島5丁目3-51
Tel:06-4803-5585

公式ホームページ
マップ

 



タイムスケジュール

10:30 Australasian College of Medical Nutrition 創設者
高濃度ビタミンC点滴療法 研究者
Biological Therapies社長
Dr. Ian Dettman(オーストラリア)
テーマ : 高濃度ビタミンC点滴
>> 所属団体・略歴
11:30 医療法人 再生未来 理事長
乾 利夫
テーマ : GcMAF/免疫治療
>> 乾先生 がん治療コラム
11:40 PUSAT TERAPI OZON ドクター
Dr. Lenny Tan(インドネシア)
テーマ : Case Studies in Applying GcMAF as Complementary Approach in Multiple Illness (Diabetic Gangrene, Autism, Prostate Cancer, Hemorrhagic Stroke)
>> 略歴・専門分野
12:00 MATT SCHLECHTEN, N.D. 自然療法医
Dr. Matt Schlechten(アメリカ)
テーマ : "My experience with GcMAF as a complementary and stand alone treatment for cancer."
12:30 ランチタイム(12:30?13:15)
13:15 アメリカ最大の再生医療学会 The Brasil-American Academy 会長
Dr. Paul Ling Tai(アメリカ)
テーマ : “Quo Vadis??? Early Diagnosis with Liquid Cancer Biopsy & Evidence Based Natural Treatment Protocol for Cancer”
>> 人物・所属
14:15 東海渡井クリニック 院長・医学博士
日本酸化療法医学会 会長
渡井 健男
テーマ : 大量自家血オゾン療法が有効であった全身性強皮症の一例
Diffuse scleroderma and ozonetherapy
>> 東海渡井クリニック 公式ホームページ
>> 日本酸化療法医学会 公式ホームページ
14:45 医師・自閉症研究者
Dr. Deibby Mamahit(シンガポール)
テーマ : "Oral Colostrum MAF in Autism Spectrum Disorder."
15:15 ブレイクタイム(15:15?15:30)
15:30 NIIM Gold Coast 医師
Dr. Taufiq Binjemain(オーストラリア)
テーマ : "Cancer Stem Cells and Potential Therapies"
>> 略歴・専門分野
16:00 Your Health Group メディカルディレクター・医学博士
Dr. Martin Burow(オーストラリア)
テーマ : Circulating Tumour Cells
  1. CTCs. Screening for Prostate Cancer in High Risk Patients. Selection for intensive preventative treatment
  2. CTCs as a Treatment Monitor during SERM. Early Detection of Progression
>> 略歴・専門分野
16:30 葉子クリニック 院長
内山 葉子
テーマ : 自閉症スペクトラムにおけるGcMAFの効果
>> 葉子クリニック 公式ホームページ
17:00 ブレイクタイム(17:00?17:15)
17:15 Well Again HealthCare Diagnostic Center
医学コンサルタント
Dr. Kenny Yong(マレーシア)
テーマ : "The role of GcMAF in integrative oncology and cancer prevention strategies in a Malaysia clinical setting"
17:45 医療法人再生未来 総院長
R未来がん国際クリニック 院長
McGill大学 客員教授
秋山 真一郎
テーマ : Challenges of Cancer gene therapy in Saisei Mirai Clinic
>> 秋山先生 がん治療コラム
>> 港区ドクターズ 紹介記事

当日、一部内容が変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。