ほうれい線の原因と改善

こんな症状でお悩みの方へ

気になる症状
  • 帰宅の電車で、窓に写った自分の顔を見て愕然とした。
  • ほうれい線を自然に解消したい。
  • ほうれい線を気にせず、ナチュラルメイクを楽しみたい。
  • ほうれい線をどうにかしたい。
  • 今はそんなに気にならないが、ほうれい線の確実な予防手段を捜し求めている。
  • ほうれい線のためだけに、自分を変形させる美容外科手術はやりたくない。
  • 朝はまだいいが、夕方になるとほうれい線が目立ってくる。

ほうれい線の有無による印象

下の2枚の女性のイラストは、ほうれい線以外はまったく同じものです。 この様に、ほうれい線が目立つだけで老けた印象になります。

ほうれい線の原因

ほうれい線の原因のひとつとして、真皮のコラーゲン線維やエラスチンが減少し真皮が薄くなって、脂肪などの皮下組織の重みを支えられなくなり頬の皮膚がたるむ。といったことがあります。

※上図の厚さは皮膚全体の平均値です。
若い肌は、豊富なコラーゲン線維やエラスチンがしっかりとした真皮を構成し、脂肪などの皮下組織の重みをしっかり支えられる真皮をしています。
しかし、加齢とともに真皮中のコラーゲン線維やエラスチンの量は減少し、真皮は薄く弱くなります。その弱くなった真皮では脂肪などの皮下組織の重さを支えることができず、皮膚がたるんでほうれい線となって現れます。
これがほうれい線ができる原因です。 ※ほうれい線の原因は、この他にも筋肉の弱りなどの影響である場合もあります。 詳しくはお問い合わせや医師とのカウンセリングでご相談ください。

ほうれい線の改善策

当院では、ほうれい線に対して、下記の治療を行なっております。

適用治療法肌細胞注入療法+血小板注入療法 肌細胞注入療法
血小板注入療法 血小板細胞マスク 血小板メソセラピー
※詳しい治療法や費用は各ページをご覧下さい。

肌細胞注入療法でほうれい線が改善できる理由

前述の通り、真皮が薄くなることによって、脂肪などの皮下組織の重さを支えきれず、皮膚がたるんで、ほうれい線ができます。当院の肌再生治療は、あなた自身の真皮の細胞(真皮線維芽細胞)を使って、若い頃の真皮の機能を取り戻し、脂肪などを持ち上げられる状態にする治療です。

真皮線維芽細胞の機能低下により、コラーゲン線維やエラスチン、ヒアルロン酸が現象する。その結果、肌は薄くなり脂肪などの皮下組織の重みを支えきれず、皮膚がたるんで、ほうれい線ができる。
耳の後ろなどの生活のダメージを受けにくい部位から採取した真皮線維芽細胞を増殖培養して、ほうれい線が気になる部位に注入します。
注入した真皮線維芽細胞が、肌のハリに必要な、コラーゲン線維やエラスチン、ヒアルロン酸を生成します。その結果、今までは重くて薄い皮膚では支えきれなかった、脂肪などの皮下組織をぐいっと持ち上げて、たるみの無い状態にし、ほうれい線が改善されます。

症例写真(途中経過)

症例写真治療前
治療前
施術後1カ月経過
治療後

注入した真皮線維芽細胞は肌の中でじっくりコラーゲン線維などを生成します。
施術したその日にほうれい線が消えるということはありませんが、3カ月〜6カ月ほどかけて肌がハリを取り戻します。この1カ月経過の写真でもわかるように徐々にほうれい線が目立たなくなっていきます。