PRP療法(自己多血小板血盤注入法)

肌のチカラを再生させる

自分の肌のチカラを再生させる―血小板療法 PRP療法(自己多血小板血盤注入法)によるアンチエイジング

PRP療法(自己多血小板血盤注入法)

成長因子による肌細胞の活性化

自分の血液にある血小板を利用してしわを消すという再生医療の一種です。

専用のキットを用いて、血液の中の血小板を高濃度に濃縮します。これをPRP(Platelet Rich Plasma:多血小板血漿)と呼んでいます。PRP(血小板)の中には様々な成長因子と呼ばれる細胞を活性化させる成分が含まれています。そのため、骨の再生・皮膚潰瘍の治療・歯科インプラントなど幅広く医療分野に使用されています。肌細胞を活性化させる能力もあるので、しわや目の下のくまなどの治療にも有効です。肌細胞がコラーゲン線維を作り出し、徐々に肌を再生していくのです。肌細胞注入療法と同じく、ご自身の血液を使用するため、異物反応・アレルギーの可能性が極めて低く安全な治療です。施術も容易で、採血をしていただいた後、注入まで40分程度です。

血小板導入方法

 血小板注入

血小板を注射器により直接肌の真皮にまで注入します。

治療範囲

  • 目の下のくま・しわ
  • 顔のたるみ
  • ほうれい線
  • 上まぶたのくぼみ・三重まぶた
  • 口元のしわ
  • 首や手のしわ
それぞれの詳しい症状については、「治療部位」をご覧下さい。

治療の流れ

治療に先立ち、カウンセリングを行います。医師より血小板療法について詳しく説明させていただきます。治療部位、血小板の導入量、導入方法、治療スケジュールなども決定します。効果、安全性など疑問はお持ちの際は、すべて解消してください。治療について十分理解していただいた上で、同意書にサインをしていただきます。

20cc程度採血します。この量でだいたい目と口元のしわが治療できます。
専用キットで処理を行い、採取した血液から肌細胞を活性化する能力をもつ血小板のみを分離します。

血小板注入

治療部位に局所麻酔を行い、注射器で血小板を注入します。 注入後はしばらく安静にし、注入部位を冷やします。注入部位に腫れが1週間程度続く場合がありますが、これは注入した血小板により肌細胞が活性化しているためであり、ご心配しなくて結構です