研究論文・学会発表資料 掲載

当院で行っている治療についての医学的根拠を示す研究論文の掲載

研究論文掲載 - natureInternational weekly journal of science -

研究論文掲載 - Development of colostrum MAF and its clinical application -

研究論文掲載 - Cancer Immune Therapy in Clinic -

医療法人再生未来総院長 兼 R未来がん国際クリニック院長の秋山先生の論文です。
Cancer Immune Therapy in Clinic: 2016 (英文 PDF)

学会発表資料の掲載

学会発表資料

医療法人再生未来の乾利夫理事長は、2014年12月13日に香川県県民ホールで開催された、第18回バイオ治療法研究会学術集会で、『末期ガンに対するソノダイナミック治療と初乳MAFの併用 』について発表をいたしました。
発表資料ダウンロード
バイオ治療法研究会(公式サイト)
大学との共同研究と研究論文

学会発表資料

医療法人再生未来の乾利夫理事長は、2014年10月5日に東京コンファレンスセンター品川で開催された、第8回酸化療法セミナーで、『臨床現場でのがん局所破壊+免疫療法』酸化療法、光+超音波ダイナミック療法など先進のがん局所療法と免疫療法について講演をいたしました。 発表資料ダウンロード 第8回 酸化療法セミナーについて(公式サイト)

学会発表資料

医療法人再生未来の乾利夫理事長は、2014年7月20日に第5回癌先進補完医療研究会で、コーリーワクチン、2nd GcMAF、オゾン療法の症例等を発表いたしました。
発表資料ダウンロード

学会発表資料

医療法人再生未来の乾利夫理事長は、2014年6月27~29日にドイツ ベーヴェルンゲンで開催された第9回医療用レーザー国際会議で、2nd GcMAFの症例等を発表いたしました。
発表資料ダウンロード
医療用レーザー国際会議公式サイト

学会発表資料

平成25年12月7日に福岡大学で行われた第17回日本バイオ治療法研究会 学術集会で、当院と共同研究を進めている徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部 宇都義浩准教授と当院の乾利夫院長が「マクロファージ活性化療法(2nd GcMAF)、超音波ダイナミック療法およびホルモン療法での乳癌の治療」について発表いたしました。
宇都教授発表資料
乾理事長発表資料(英語)